メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スウェーデン

ノーベル賞発表担う研究所でスキャンダル

 【ブリュッセル八田浩輔】ノーベル医学生理学賞の受賞者発表を担うスウェーデンの名門カロリンスカ研究所がスキャンダルに揺れている。研究所で「世界初」をうたった移植手術を受けた患者が立て続けに死亡し、執刀した医師には経歴詐称の疑いも浮上。この医師の採用に関与した元幹部2人が、ノーベル賞選考委員会の委員の辞職を求められる事態に発展している。

 研究所では、2011〜12年にかけて患者の幹細胞を使って作製した人工気管を移植する手術を実施。メディアに「世界初」と大々的に取り上げられたが、手術を受けた患者3人のうち2人が死亡した。担当したマッキアリーニ医師に研究不正や採用時に経歴を詐称していた疑いなどが浮上し、調査委員会が検証を進めていた。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです