メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオパラ

晴れ舞台、仲間と…知的障害者水泳の津川拓也

6月のリオ・パラリンピック水泳日本代表の壮行会で、知的障害者の代表で記念撮影する津川拓也(後列左から2人目)=横浜市で2016年6月12日、飯山太郎撮影

理解訴え、CM出演

 【リオデジャネイロ長田舞子、飯山太郎】知的障害者水泳に出場する津川拓也(24)=ANAウイングフェローズ・ヴイ王子=は所属先の親会社のテレビCMに出演し、日本でのリオ大会盛り上げに一役買ってきた。日本の障害者スポーツで身体障害者のCM起用は増えてきたが、知的障害者は珍しい。母智江さん(52)は「知的障害者も頑張っていることを伝えられたら」と障害への理解が進むことを期待する。

 津川が出演するのはリオ五輪開幕前の7月下旬から放映され、五輪・パラリンピックの日本代表計9人が登場…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです