メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アップル

iPhone新型「7」発表 16日発売

アップルのアイフォーン7発表会=米西部サンフランシスコで2016年9月7日、清水憲司撮影

 【サンフランシスコ清水憲司】米アップルは7日、スマートフォンの新モデル「アイフォーン(iPhone)7」と「7プラス」を発表した。初めて防水機能を備えたほか、決済サービスの「アップルペイ」を日本でも導入。JR東日本の「スイカ」などに対応し、アイフォーン7で買い物などができるようにした。日本では9日夕に予約受け付けを開始し、16日から販売する。

 米西部サンフランシスコで発表会を開いた。スイカに使われている技術の「フェリカ」に対応。アイフォーンを改札機にかざして乗車券や定期券として使ったり、コンビニエンスストアなどに設置された端末にかざすことで料金を支払ったりできる。クレジットカード代わりに使うことも可能だ。同日発表した腕時計型端末「アップルウオッチ」の新モデル「シリーズ2」にも同様の機能を持たせ、10月下旬からサービスを開始する。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです