イコモス

宗像・沖ノ島で世界遺産調査を開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州と朝鮮半島の間に位置する沖ノ島=本社ヘリから野田武撮影
九州と朝鮮半島の間に位置する沖ノ島=本社ヘリから野田武撮影

 国際記念物遺跡会議(イコモス)は7日、福岡県宗像、福津両市にある古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録に向けた現地調査を始めた。

 調査は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)からの諮問を受けて実施。ニューカレドニアの考古学者、クリストフ・サンド氏が、古代から国家的祭祀(さい…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

注目の特集