メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

教育政策の効果分析へ 複数の大学に研究委託

文部科学省=東京都千代田区霞が関で、宇田川恵撮影

 文部科学省は2017年度、さまざまな教育政策の効果を分析し、国や自治体の政策立案に反映させる新規事業を始める。限られた予算の中、教育投資の効果を明らかにした上で社会に説明しながら施策を進める必要があると判断した。【佐々木洋】

 これまで教育界では「教育効果は数値では測れない」などと言われ、一部地域の成功例や教員の経験などを基に施策が決められることもあった。

 有識者で構成する「教育政策研究タスクフォース」を17年度に設置する。例えば「幼児教育無償化」「教員の多忙化解消」「給付型奨学金の効果」といった政策テーマを設定し、複数の大学に研究を委託する。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです