メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

オーバー・フェンス 佐藤文学への鎮魂歌

 芥川賞候補に5度も挙げられながら受賞を果たせず、41歳で自死した佐藤泰志。社会の底辺で生きる人々を独特の筆致で描いたが、作品を発表した1980年代は日本がバブルに上り詰める時期で、その文学は古臭く受け止められた。だが、その後の経済の低迷や格差社会の拡大で再評価され、熊切和嘉監督が「海炭市(かいたんし)叙景」、呉美保(オミポ)監督が「そこのみにて光輝く」と立て続けに映画化。今作はその3部作の完結編で、山下敦弘監督が前2作とはまた違うフラットな感覚で、現代的な映画に仕立て上げた。

 妻子と別れ、職業訓練校に通う白岩(オダギリジョー)は街中で鳥の求愛ポーズをする女、聡(さとし)(蒼…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1370文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです