メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中能登町

織物に注目 衣装提供、技術アピール 新素材開発を強化 /石川

「切断ヴィーナスショー」で、中能登町の織物職人が素材提供した衣装を身にまとう義足のモデルたち=石川県中能登町のレクトピアパークで、金志尚撮影

 織物産地として2000年の歴史を持つと言われる中能登町。近年は事業所の廃業が相次ぎ、担い手不足に直面している。そうした中、新素材の開発や対外的な発信を強化し、販路開拓や若い人材の就労につなげようという動きが活発になってきた。ファッションショーなどへの参加を通じ、注目度も上がってきている。【金志尚】

 7月30日、同町のレクトピアパークで開催された「切断ヴィーナスショー」。義足を装着した7人の女性がモデルとして出演し、舞台上できらびやかな衣装姿を披露した。

 ショーは東京を拠点に活動する写真家の越智貴雄さん(37)と町が共催し、モデルが身にまとった衣装には町の職人たちが提供した素材が使われた。中能登の繊維技術の高さをアピールするためだ。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです