メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中能登町

織物に注目 衣装提供、技術アピール 新素材開発を強化 /石川

「切断ヴィーナスショー」で、中能登町の織物職人が素材提供した衣装を身にまとう義足のモデルたち=石川県中能登町のレクトピアパークで、金志尚撮影

 織物産地として2000年の歴史を持つと言われる中能登町。近年は事業所の廃業が相次ぎ、担い手不足に直面している。そうした中、新素材の開発や対外的な発信を強化し、販路開拓や若い人材の就労につなげようという動きが活発になってきた。ファッションショーなどへの参加を通じ、注目度も上がってきている。【金志尚】

 7月30日、同町のレクトピアパークで開催された「切断ヴィーナスショー」。義足を装着した7人の女性がモデルとして出演し、舞台上できらびやかな衣装姿を披露した。

 ショーは東京を拠点に活動する写真家の越智貴雄さん(37)と町が共催し、モデルが身にまとった衣装には…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです