メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

かかわり続ける米国=西川恵

 <kin−gon>

 シンガポールのリー・シェンロン首相がオバマ米大統領の招待で訪米し、首脳会談をもち、ホワイトハウスで晩さん会のもてなしを受けたのは先月2日である。

 シンガポールには大統領(政治的権限はない)がおり、儀礼上、リー首相は国賓とはならない。しかし「国賓級公式訪問」のステータスを与えられ、国賓に匹敵する手厚いもてなしを受けた。

 同国の首相が米国に国賓級で迎えられたのは31年ぶり。オバマ大統領がリー首相を手厚く遇したのには二つの理由があった。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです