メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・異次元緩和

物価目標に許容幅示せ コロンビア大教授・伊藤隆敏氏

=北山夏帆撮影

 −−日銀が3年半実施してきた大規模な金融緩和への評価は?

 ◆全体としては、うまく機能してきたと考えている。投資や消費が活発になり、国内総生産(GDP)を増やした。2015年初めくらいまでは景気が良くなり、物価上昇率も2%に近づいた。その後、原油価格の大幅下落や中国など新興国経済の減速という外的要因で効果がそがれた。マイナス金利政策も、金融機関にはマイナスの影響はあったが、住宅ローン金利などが大幅に下がり、経済全体ではプラスの効果があった。

 −−物価上昇率2%の目標達成は見通せません。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです