連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

食品汚染、基準超えは0.1%

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県産米の放射性物質を調べるため実施されている全量全袋検査=同県二本松市で、横田香奈撮影
福島県産米の放射性物質を調べるため実施されている全量全袋検査=同県二本松市で、横田香奈撮影

 東京電力・福島第1原子力発電所の事故から5年半がたった。農水産物の放射性物質汚染はどうなっているのだろう。事故直後は米や牛肉からセシウムが検出されたが、対策が進み、今は野生の山菜や獣肉などに限られるまでになった。今後は、膨大な検査体制の見直しが議論になりそうだ。

 ●続くセシウム検査

 野菜や肉など食品の放射性セシウムの基準値は1キロあたり100ベクレル。国民の安心感に配慮して定められた数値で、欧州連合(EU)の10倍以上も厳しく、2012年4月から適用されている。

 国は原発事故後、静岡県以東の17都県の主だった農産物や魚介類を、一部抽出して検査している。農林水産省によると、昨年度1年間で26万538品目が検査され、99%の農産物が25ベクレル以下だった。セシウムが基準を超えたのは0・1%の264品目だった。このうち98%にあたる259品目は野生のキノコや獣肉、淡水魚など。「管理困難品目」と呼ばれる、人為的な管理が難しいものだった。

この記事は有料記事です。

残り1618文字(全文2039文字)

あわせて読みたい

注目の特集