メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

災害に強い庁舎、街を守る

防災機能が拡充された「新世紀センター」=佐賀県鹿島市納富分で、山下俊輔撮影

 熊本地震では、自治体の庁舎が損壊して一時的に行政機能を失うケースが相次いだ。課題としてクローズアップされた「庁舎の耐震」の強化に自治体が乗り出している。佐賀県鹿島市は防災機能を拡充した新庁舎を完成させ、宮崎県日南市は次善の策として古い庁舎からの移転を決めた。専門家は耐震化の促進には「国の支援が不可欠」と説く。

 有明海に臨む人口3万人余の鹿島市。市役所本庁舎横に、震度7の地震にも耐える鉄骨4階建ての第2庁舎「…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです