メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号の赤外画像=本田匠・理化学研究所計算科学研究機構特別研究員提供

 ひまわり8号は、先代のひまわり7号の約50倍のデータを生み出す。丸い地球全体をスキャンするのが、1時間ごとから10分ごとになった。1時間ごとではパラパラ漫画のように見えていた雲の動きが、10分ごとだとアニメーションのように自然に動いて見える。

 スーパーコンピューター「京(けい)」を使った最先端のシミュレーションは、積乱雲を緻密に表現する。このデータと、ひまわり8号の観測データを突き合わせ、シミュレーションを「軌道修正」すれば、天気予報を大幅に…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです