連載

ひまわりEYE

気象庁は2015年7月、世界最高水準の能力を持つ「ひまわり8号」の運用を始めた。情報通信研究機構(NICT)、千葉大環境リモートセンシング研究センターと共同で、防災・減災の願いを込め、地球と大気の現象を、高精細なひまわり画像で紹介する。

連載一覧

ひまわりEYE

未来の天気予報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ひまわり8号の赤外画像=本田匠・理化学研究所計算科学研究機構特別研究員提供
ひまわり8号の赤外画像=本田匠・理化学研究所計算科学研究機構特別研究員提供

 ひまわり8号は、先代のひまわり7号の約50倍のデータを生み出す。丸い地球全体をスキャンするのが、1時間ごとから10分ごとになった。1時間ごとではパラパラ漫画のように見えていた雲の動きが、10分ごとだとアニメーションのように自然に動いて見える。

 スーパーコンピューター「京(けい)」を使った最先端のシミュレーションは、積乱雲を緻密に表現する。このデータと、ひまわり8号の観測データを突き合わせ、シミュレーションを「軌道修正」すれば、天気予報を大幅に…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集