葉っぱビジネス

来たれ移住者、葉っぱで育てる 徳島・上勝町、ビジネス支援

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
つまものを栽培するため上勝町が買い取る予定の山林=徳島県上勝町福原で、河村諒撮影
つまものを栽培するため上勝町が買い取る予定の山林=徳島県上勝町福原で、河村諒撮影

 モミジや梅など料理の飾りに使われるつまものを山で採り、商品化する「葉っぱビジネス」を30年にわたって展開する徳島県上勝町が、町内の山林約30ヘクタールを買い取って商品に適した植物を栽培する計画に乗り出した。農家がそれぞれの私有地で採っているのが現状だが、高齢化が進んでおり、移住者らにも新たにビジネスを担ってもらう狙いだ。【河村諒】

 上勝町の人口は1600人台。葉っぱビジネスに携わる農家は約200戸で、年収が1000万円超の世帯もある。しかし、平均年齢は70代に達しており、山に入ることが難しくなった人も多い。便利な生活を求めて街へ引っ越す世帯もあって町の人口はこの10年間で2割減っており、いかに移住者を増やすかが課題となっている。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文802文字)

あわせて読みたい

注目の特集