金魚

岩手・宮古湾で「漁獲」 大量の雨で塩分下がった?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮古湾の網にかかった金魚。台風10号の豪雨で海に流されたが、塩分濃度が下がっていたため助かったらしい=岩手県宮古市の県立水産科学館で2016年9月8日、鬼山親芳撮影
宮古湾の網にかかった金魚。台風10号の豪雨で海に流されたが、塩分濃度が下がっていたため助かったらしい=岩手県宮古市の県立水産科学館で2016年9月8日、鬼山親芳撮影

 岩手県宮古市の宮古湾で5日、淡水魚の金魚が網で「漁獲」され、市内の県立水産科学館に持ち込まれた。どこかの庭の池などで飼育されていた金魚が、台風10号による豪雨で海に流されたらしい。同館は「大量の雨で海水の塩分濃度が下がり、生き延びたのでは」と推測している。

 金魚の体長は約20センチで、赤いこけらの…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

あわせて読みたい

注目の特集