メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成医療学園

マッサージ師養成施設制限で提訴 大阪地裁

 あんまマッサージ指圧師を目指す健常者向け養成施設の新規開設を制限する法律の規定は、職業選択の自由を保障する憲法に反するとして、学校法人「平成医療学園」(大阪市北区)が国を相手取り、新設を認めなかった処分の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。9日に第1回口頭弁論があり、国側は争う姿勢を示した。

 「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」は、あんまマッサージ業などに多く従事する視覚障害者の生計の維持が困難になると見込まれる場合、国は養成施設の新規開設を制限できるとしている。

 訴状によると、法人は2015年9〜10月、運営する宝塚医療大(兵庫県宝塚市)と平成医療学園専門学校…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文663文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです