メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府・与党

臨時国会はTPP最優先 米の早期承認後押し

政府・与党が想定する臨時国会の日程

 政府・与党は26日召集予定の臨時国会で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案と関連法案の承認・成立を最優先に位置付けている。11月8日の米大統領選より前の衆院通過を目指しており、米国内での早期承認も後押ししたい考えだ。

 岸田文雄外相は8日、岸田派の会合で「臨時国会では補正予算案やTPPなど重要課題が山積だ。政府・与党の総合力で乗り越えていかなければならない」と強調。高村正彦副総裁も東京都内での講演で「TPPは絶対にやった方がいいと思う」と述べ、臨時国会での承認に意欲を示した。

 政府・与党は臨時国会でまず、経済対策を盛り込んだ2016年度第2次補正予算案を10月中旬に成立させ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです