阪大

iPS細胞移植「適切」 世界初の臨床研究計画 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 目の難病患者に他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜組織の細胞を移植する世界初の臨床研究計画について、大阪大の特定認定再生医療等委員会(委員長=早川堯夫(たかお)・近畿大薬学総合研究所研究顧問)は8日、患者への説明文書を分かりやすくすることを条件に「適切」と認める結論を出した。近く意見書としてまとめ、計画とともに厚生労働省に提出する。同省の評価部会…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

ニュース特集