メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オシリス・レックス打ち上げ

「小惑星野郎」の交流進展と成果に期待−−津田雄一・はや2プロマネがエール

「オシリス・レックス」の想像図=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は9日午前8時5分(日本時間)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから小惑星探査機オシリス・レックスを打ち上げ、同9時過ぎに探査機を切り離した。小惑星の物質を地球に持ち帰る旅は、日本の小惑星探査機はやぶさ2と同じ。世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った日本の探査機「はやぶさ」にちなみ、「米国版はやぶさ」とも呼ばれる。オシリス・レックスは2018年に小惑星ベンヌに到着、表面の物質を採取して2023年に地球へ帰還する計画だ。

 オシリス・レックスよりも一足早く地球を出発し、目的地の小惑星リュウグウを目指しているはやぶさ2のプロジェクトマネジャー、津田雄一・宇宙航空研究開発機構(JAXA)准教授が、毎日新聞にオシリス・レックスへのメッセージを寄せた。米フロリダ州のケネディ宇宙センターで打ち上げを見守った津田准教授は、二つの小惑星探査ミッションにかかわる世界中の研究者・技術者らを「小惑星野郎」と呼び、交流の進展とそこから生…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです