メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

何を知っているかよりも、何を感じるか 飯田有抄さん

「心のお散歩の同伴者に」と話す飯田さん。「マリアさん」(左手前)も準備万端

「PrimeSeat/OTTAVA Salone」(木、金曜午後6~9時)

 今年1月14日の初放送はよく覚えていない。「無我夢中だった。でも、所信表明はしました。『聴いている皆さんは心のお散歩中。わたしはそのお散歩の同伴者になれたらうれしい』」。クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」で、「PrimeSeat/OTTAVA Salone」木、金曜を担当する飯田有抄さん(42)。相棒の2代目トイピアノ「マリアさん」とともに、リスナーの「面白いね」「いいよね」に共感し続けたいと思っている。

 2月の終わり、午後9時からのニコニコ動画限定“放課後放送”での出来事だった。ロシアの作曲家、ミャスコフスキーのヴァイオリン協奏曲を流したところ、画面のコメントが急に増えた。「何これ」「カッコいい」「弦すごい」「クラリネット歌ってる」……「誰だろう」「ミャスコフスキー?」「言いにくいね」「なんて呼ぶ?」「ミャーちゃん?」「ミャーちゃんいいね」「かわいいよね」……。クラシックを聴きながら、リスナー同…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです