メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

山形県米沢市 旧米沢高等工業学校本館 技術立国、北から推進 /宮城

ライトアップされた旧米沢高等工業学校本館

 山形県米沢市城南の山形大学工学部の正門西側に、たたずむライトグリーンの近代様式の建物が目を引く。1910(明治43)年3月に建造された旧米沢高等工業学校本館だ。高等工業学校として全国7番目に開校。44年に米沢工業専門学校と改称し、49年の学制改革で山形大工学部となった。開学当初の面影を構内に残す唯一の建物で、73年、国重要文化財に指定された。JR米沢駅のモデルにもなっている。

 建物はルネサンス様式を基調とした木造2階建てで、文部省建築課の中島泉次郎が設計。2011年の東日本…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1029文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです