メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島津荘

政所跡? 都城市、郡元西原遺跡で「大溝」発見 /宮崎

 都城市は9日、国内最大とされる平安期の荘園「島津荘(しまづのしょう)」を管理する家政機関「政所(まんどころ)」の館跡の可能性がある関連遺跡・大溝(おおみぞ)を同市郡元町の郡元西原遺跡で発見したと発表した。

 見つかったのは、館の敷地を堀のように四方を囲むと予想される11〜12世紀の大溝角部で、幅3・5メートル、深さ1・5メートル。研究者は、島津荘の政所の具体像に迫る貴重な発見としている。

 市道改良事業に伴う発掘調査で8月に発見された。島津荘は、平安後期に大宰府の官人だった平季基(すえもと)が日向国・島津院(現・都城市)を中心に水田を開墾。同荘園は大隅国と薩摩国(現・鹿児島県)にまでまたがり、3国で最盛期には8000ヘクタール超に及んだとされる。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです