メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

北朝鮮、核技術向上 「弾頭爆発成功」 実戦配備へ前進か

 北朝鮮は前回の1月からわずか8カ月後に5回目となる核実験を強行して「弾道ミサイルに装着できる核弾頭の爆発実験だ」と能力を誇示した。これまでの3〜4年に1度を大きく上回るハイペースだ。今年に入ってから各種ミサイルの発射実験も続ける。北朝鮮が核開発を急ぐ背景には何があるのか。【ワシントン会川晴之、ソウル米村耕一】

 「核弾頭の威力を判定するための核実験を成功裏に実施した」。北朝鮮の核兵器研究所が9日の声明で初めて「核弾頭爆発実験」という言葉を使った。韓国統一研究院の車斗鉉(チャドゥヒョン)客員研究委員は「核兵器の実戦配備は目前だ」と分析する。

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです