ワカサギ大量死

貧酸素水が原因 生残率は2割 諏訪湖

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
護岸に打ち上げられたワカサギやコイの死骸を回収する関係者=下諏訪町赤砂崎で2016年7月28日、宮坂一則撮影
護岸に打ち上げられたワカサギやコイの死骸を回収する関係者=下諏訪町赤砂崎で2016年7月28日、宮坂一則撮影

 長野県の諏訪湖で7月下旬にワカサギが大量死した問題で、諏訪湖漁協(諏訪市)は9日、ワカサギの生息数調査の結果、来春の採卵魚となる1年魚の生残率が例年の2割程度まで減少したと明らかにした。同漁協は例年9月1日解禁の投網漁を延期しており、10月4日に県など関係者を交えた協議で今季の漁の方針を決める。ただ資源確保の観点から厳しい規制となりそうだ。【宮坂一則】

 藤森貫治組合長(72)らが同漁協で記者会見し、諏訪湖で7月26、27日に大量死したワカサギなどに関する調査結果を説明した。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文819文字)

あわせて読みたい

ニュース特集