メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝海舟と坂本龍馬

師弟像完成 東京・赤坂で除幕式

除幕式で、披露される勝海舟と坂本龍馬の銅像=東京都港区で2016年9月10日午前10時45分、望月亮一撮影

 明治維新時に江戸八百八町を戦火から救った幕臣・勝海舟(1823〜99年)と弟子の坂本龍馬(1835〜67年)の師弟像が、2人が知り合った東京都港区赤坂の地につくられ、10日午前に除幕された。龍馬の兄権平の子孫、坂本匡弘さん(51)が除幕に加わり、海舟の玄孫の高山(こうやま)みな子さん(54)と歴史ファンや地元住民らが見守った。

 海舟像は座った姿で高さ約1.6メートル、龍馬は立像で約1.9メートル。設置されたのは海舟が亡くなるまで住んだ屋敷跡である区立特別養護老人ホーム「サン・サン赤坂」(港区赤坂6)の敷地内。海外雄飛を目指した師弟の志を表現して、太平洋の向こうの米国を望むように東向きに置かれた。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです