築地移転先

豊洲、汚染対策の盛り土せず 都、異なる説明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
移転延期が発表された豊洲市場=東京都江東区で2016年8月31日午後6時21分、本社ヘリから長谷川直亮撮影
移転延期が発表された豊洲市場=東京都江東区で2016年8月31日午後6時21分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 東京都中央卸売市場築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)で、都が土壌汚染対策として行う予定だった4.5メートルの盛り土を、食品を実際に取り扱う全3棟の建物の下で行っていなかったことが分かった。都が共産党都議団に説明した。小池百合子知事は11月7日に予定されていた移転開場を延期したが、都のこれまでの説明が事実と異なっていたことになり、更に影響が出る可能性がある。

 豊洲市場は土壌からベンゼンなどの有害物質が検出されたため、都は地表約2メートルの土壌を取り除き、きれいな土を4.5メートル盛った上に建物を建てると説明。有識者でつくる「豊洲新市場予定地の土壌汚染対策工事に関する技術会議」に「盛り土の完了を確認した」と説明し、同じ旨の説明を公表していた。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文589文字)

あわせて読みたい

ニュース特集