メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『競馬の世界史』=本村凌二・著

 (中公新書・907円)

人間や民族の本質を映し出す鏡

 稀有(けう)な本である。著者は世界史の泰斗。ながらく東京大学でローマ史を講じた。ただの東大名誉教授ではない。競馬の知識にかけては他の文化人の追随を許さない。半世紀に及ぶ競馬ファン。その先生が、膨大な競馬と世界史の知識を注ぎ込んで書いた本である。面白くないわけがない。

 たとえば、古代の戦車競馬を論じるときも、競馬ファンらしく、着眼点がちがう。ローマのモザイク画をみて、馬体が、ほっそりした馬と、がっしりした馬があり、古代ローマでは、すでに長距離用(ほっそり)と短距離用(がっしり)の目的別の馬体育成があった、と書く。著者は『ラテン碑文大全』などを読みこなせるから、そこからも情報をもってくる。ローマは戦車競馬といっても、御者だけが人気であったのではなく、馬も人々の注…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです