メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『陸軍士官学校事件 二・二六事件の原点』=筒井清忠・著

 (中公選書・2052円)

 1936年に起きた二・二六事件といえば、陸軍皇道派の青年将校らによる現代日本史上最大のクーデター事件としてよく知られている。一方、その遠因となった陸軍士官学校事件(11月事件)のことは、さほど知られていない。長年、専門的な研究がなされてこず、近現代史好きのファンにも届かなかった。本書はそうした昭和史研究の積み残しを清算し、真相の解明を試みている。

 事件は34年。統制派の辻政信大尉が、対立する皇道派で陸軍大学校にいた村中孝次大尉と磯部浅一・一等主…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文488文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです