メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・羅臼の土砂崩れ

男性死亡 巡視中「まさか」 「努力の人」悼む声

増川さんが軽ワゴン車ごと巻き込まれた土砂崩れの現場 =北海道羅臼町礼文町で10日午前8時16分、本間浩昭撮影

 北海道羅臼町礼文町で9日にあった土砂崩れで、大雨の中でパトロールをしていた最中に軽ワゴン車ごと巻き込まれ、死亡した建設会社社員、増川勝彦さん(61)=同町八木浜町=は、技術者肌で努力を惜しまない性格だった。人柄を知る関係者は「まさか」と早過ぎる死を悼んでいる。

 道警中標津署などによると、増川さんは国土交通省北海道開発局の委託を受け、8月に小さな土砂崩れのあった現場付近をパトロール中だった。

 水産加工業「羅臼海産」の吉田久一社長(77)によると、増川さんは昨年まで23年間、同社に勤務。「口数は少ないが努力家。こうだ、と思うことは譲らない」性格で、水産加工から溶接作業まで何でもこなす技術者肌の人物だったという。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです