メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国摘発

天津市トップ黄興国氏を調査 党中央規律検査委

 【北京・河津啓介】中国共産党の腐敗を取り締まる党中央規律検査委員会は10日、天津市トップの黄興国・党委員会書記代理(市長兼務)(61)に「重大な規律違反」があったとして調査していると発表した。違反の内容は明らかにしていない。習近平国家主席・党総書記は反腐敗運動を徹底しているが、黄氏は習氏に近い関係とされていた。5年に1度の党大会を来秋に控え、指導部人事を巡る党内の駆け引きが激化している可能性がある。

 黄氏は、習氏が2002年から浙江省の党委副書記、書記を務めた際、省幹部として1年間支えた。また、今…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

  5. 反社会勢力「定義で固めるとかえって複雑」 桜を見る会 菅氏会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです