加藤紘一さん死去

首相にあと一歩…リベラルの政策通

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える加藤紘一氏=1998年12月25日、西山正導撮影
インタビューに答える加藤紘一氏=1998年12月25日、西山正導撮影

評伝

 外務官僚から政界に転じ、大平正芳首相の官房副長官を務めるなど早くから「自民党のプリンス」と言われた。その加藤紘一氏が最も輝いたのは自民党が社民、さきがけと連立を組んだ「自社さ」政権時代だったと思う。

 党内のリベラル派に位置する政策的なスタンスで、社さ両党とも話が通じ政調会長、幹事長として政権の中枢にいた。人心をわしづかみにするカリスマ政治家というよりは、平易でキャッチーな言葉を組み立て、議論によって周囲の共感を呼ぼうとするタイプ。政策的な関心の幅も広かったことから、政策新人類と言われた若手政治家の兄貴分的な存在にもなった。

 中曽根康弘元首相や梶山静六元官房長官らを旧世代と位置付け、「僕は軍歌は歌わない」などと当時、流行していた小室哲哉の曲を好んでカラオケで披露していた。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文928文字)

あわせて読みたい

ニュース特集