メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

毛沢東没後40年…党機関紙、論評せず

 【北京・河津啓介】中国で「建国の父」とされる毛沢東主席(1893〜1976年)の死去から9日で40年を迎えた。10日現在、中国国内で公式の追悼行事の動きはなく、中国共産党機関紙・人民日報などの主要メディアも論評を出していない。追悼行事などから格差拡大への社会不満が噴出することを警戒している模様だ。

 毛沢東は晩年の66年5月に文化大革命を…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです