メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

毛沢東没後40年…党機関紙、論評せず

 【北京・河津啓介】中国で「建国の父」とされる毛沢東主席(1893〜1976年)の死去から9日で40年を迎えた。10日現在、中国国内で公式の追悼行事の動きはなく、中国共産党機関紙・人民日報などの主要メディアも論評を出していない。追悼行事などから格差拡大への社会不満が噴出することを警戒している模様だ。

 毛沢東は晩年の66年5月に文化大革命を…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです