広島リーグV

カープ魂、結実…この瞬間のため帰ってきた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【巨人−広島】25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たし、泣きながら胴上げされる広島の黒田博樹投手=東京ドームで2016年9月10日、大西岳彦撮影
【巨人−広島】25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たし、泣きながら胴上げされる広島の黒田博樹投手=東京ドームで2016年9月10日、大西岳彦撮影

 四半世紀ぶりのリーグ制覇に選手、ファンも酔いしれた。プロ野球のセ・リーグで10日、1991年以来の優勝を決めた広島東洋カープ。2位・巨人との直接対決を制し、緒方孝市監督(47)の胴上げが始まると、敵地にもかかわらず、カープカラーの「赤」に染まったスタンドが沸き返った。地元・広島などでも、この日を待ちわびたファンが歓喜に浸った。

 この日のため、この瞬間のために帰ってきた。「黒田と新井のストーリー」。今、ここに完結した。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

注目の特集