連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

動き出す憲法審査会 今こそ足を止め考える時

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院憲法審査会。今後どのような議論がなされていくのだろうか=国会内で2015年6月、望月亮一撮影
衆院憲法審査会。今後どのような議論がなされていくのだろうか=国会内で2015年6月、望月亮一撮影

 今秋、憲法改正への号砲が鳴ろうとしている。26日に召集される臨時国会以降、改憲を視野に入れた憲法審査会の審議が見込まれるからだ。7月の参院選で改憲に前向きとされる勢力が3分の2を超え、国会発議が可能な状況になった。だが、その前に、いや今こそ、立ち止まって考えるべきことがあるのではないか。【江畑佳明】

 まず、衆参で改憲の発議ができる環境が整った時の安倍晋三首相の発言を振り返ってみたい。7月11日、参院選投開票日の翌日。「与党勝利」の結果を受け、自民党総裁として記者会見した安倍首相は引き締まった表情でこう語った。「憲法審査会で、どの条文をどう変えるべきかを議論すべきだ」

この記事は有料記事です。

残り2417文字(全文2704文字)

あわせて読みたい

注目の特集