メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

日本のフェミニズム、歴史や活動つづる 前橋で来月1日上映 /群馬

 1970年代に起きた「ウーマンリブ」運動に始まる日本のフェミニズムの歴史や、現在も続く活動の様子を映像でつづるドキュメンタリー映画「何を怖(おそ)れる フェミニズムを生きた女たち」(松井久子監督)の上映会が10月1日、ぐんま男女共同参画センター(前橋市大手町1)で開かれる。県内では初上映。男女不平等が当たり前だった時代を切り開いた女性たちの素顔や本音、活動の原動力を映し出している。主催者は「映画を通し…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. はやぶさ2 危険伴う2回目のリュウグウ着陸「するか」「しないか」惑星協会がメッセージ募集
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです