メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

短歌から作曲 相模女子大ホールで来月8日コンサート 講演「尾崎咢堂に会っていた!」も /神奈川

 明治時代の歌人・石川啄木(1886〜1912年)の短歌を歌う「啄木の名歌・名曲コンサート」が、10月8日午後2時から相模原市南区相模大野の相模女子大学グリーンホールである。啄木生誕130年記念のイベントで、歌集「一握の砂」「悲しき玩具」などの短歌から作曲された約20曲が披露される。

 出演は啄木の古里・岩手県出身のソプラノ歌手、田中美沙季さんと、声楽伴奏のピアニスト南澤佳代子さん。田中さんは「いのちなき砂のかなしさよさらさらと 握れば指のあひだより落つ」「砂山の砂に腹這ひ初恋の いたみ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです