ママカフェ

子連れで気軽におしゃべり 育児の不安解消、情報交換 かほく市で開催 /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
おしゃべりを楽しむママカフェの参加者たち=石川県かほく市宇野気の保健福祉センターで、金志尚撮影
おしゃべりを楽しむママカフェの参加者たち=石川県かほく市宇野気の保健福祉センターで、金志尚撮影

 子育て中の母親が気楽におしゃべりを楽しむ「ママカフェ」が12日、かほく市宇野気の保健福祉センターで開かれた。手厚い育児支援を目指す同市の「ママ課プロジェクト」の一環で、育児に伴う不安解消や情報交換の場にしてもらおうと、初めて企画された。幼い子供を連れた10人の母親が参加し、打ち解けた雰囲気の中で交流した。

 かほく市は子育て世代の女性の意見を政策に反映させようと、今年1月にプロジェクトをスタートさせた。現在は10人が「ママ課」のメンバーとして、毎月1回、市職員を交えた話し合いの場を持っている。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集