姫路中央卸売市場

対策費に5億円 土壌のベンゼン除去など /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 姫路市中央卸売市場の移転予定地(同市白浜町)の土壌汚染問題で、市は12日、ベンゼンの除去などの対策費用に約5億円を見込んでいる、と明らかにした。

 予定地では、法定基準を超える濃度のベンゼン、ヒ素や鉛などが検出された。対策を協議する専門家会議は先月末、ヒ素や鉛は土やコンクリートなどで覆えば問題ないと…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

あわせて読みたい

注目の特集