メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

大草直子さんの秋コーデ アラフィフ、縦のライン意識

 流行は取り入れたいが、若作りはしたくない。シニア向けの服は老けて見えるし、高級ブランドには手が届かない−−そんな悩み多き「アラフィフ」女性に向けて、人気スタイリストの大草直子さん(44)がおすすめの秋のコーディネートを紹介してくれた。

 「年齢を重ねた女性の体は、余分な脂肪やたるみで全体的に丸みを帯び、ぼやけた印象になる」と大草さん。そうした体形をシャープに見せるために有効なのが「縦長シルエット」だという。

 大草さんがモデルとなり、お手本を示してくれた。写真[1]は、落ち感のある素材のワイドパンツで縦長に。「丈は床すれすれくらい長めが現代的。トップスはボトムスの中に入れ、ウエストを隠さない方がスタイル良く見えます」。共布のひもを高めの位置でキュッと結ぶと、さらに脚長効果が望める。

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです