メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

灘五郷 旦那衆の気概今に

白鶴美術館。春季と秋季に開館する=神戸市東灘区で、棚部秀行撮影

文化 自ら美術館や博物館、公的施設も支援/教育 灘・甲陽学院創設に一役、学生寮運営も

 「灘の酒」で知られる酒所、阪神間に立地する灘五郷の蔵元には、良質の日本酒を生産すると同時に、社会・文化貢献事業を活発に行ってきた歴史がある。近世より関西は、土地の商人が芸術や文化、教育活動を支援する「旦那文化」が培われてきた場所。その伝統を今に引き継ぐ、灘の老舗酒蔵を訪ねた。【棚部秀行】

 大阪湾を望む六甲の高台。住吉川に沿って急な坂道を上っていくと、左手に宮殿のような和風建築が見えてく…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです