メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

語り始めた業界人(1)「公平なルールを」

 アダルトビデオ(AV)への出演強要や意に反する内容の撮影などが問題視される中、これまであまり内情を語らなかった“裏方”のAV業界人たちが重い口を開き始めた。連載1回目は女優約100人を抱える大手AVプロダクション代表の鈴木浩太さん(30代・仮名)。毎日新聞の動画インタビューに応じ、複数のプロダクションが「健全化」に向けて手を組もうとしているものの、「経営実態の違いなどもあってなかなかまとまらない」と明かした。また、人権団体が業界側に示している改善要求については、「女優だけを擁護しており不公平。業界で働く者の人権が配慮されていない」と問題点を指摘した。【AV問題取材班】

 −−今年3月の人権団体ヒューマンライツ・ナウ(HRN)による強要被害の告発後、6月には大手プロダク…

この記事は有料記事です。

残り2663文字(全文3001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです