メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

語り始めた業界人(1)「公平なルールを」

 アダルトビデオ(AV)への出演強要や意に反する内容の撮影などが問題視される中、これまであまり内情を語らなかった“裏方”のAV業界人たちが重い口を開き始めた。連載1回目は女優約100人を抱える大手AVプロダクション代表の鈴木浩太さん(30代・仮名)。毎日新聞の動画インタビューに応じ、複数のプロダクションが「健全化」に向けて手を組もうとしているものの、「経営実態の違いなどもあってなかなかまとまらない」と明かした。また、人権団体が業界側に示している改善要求については、「女優だけを擁護しており不公平。業界で働く者の人権が配慮されていない」と問題点を指摘した。【AV問題取材班】

 −−今年3月の人権団体ヒューマンライツ・ナウ(HRN)による強要被害の告発後、6月には大手プロダク…

この記事は有料記事です。

残り2663文字(全文3001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです