メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇づくし

別役実物語 永遠に生きる不条理空間

 「こういう会を催していただいたことに感謝しております。お礼の印として、1時間ばかり、現代演劇の在り方についてお話しさせていただきます」と、老劇作家があいさつすると、会場は爆笑の渦に包まれた。

 8月11日、東京・下北沢のホールで、<別役実フェスティバル>の閉幕パーティー「別役実を呑(の)む」が開かれた。79歳となった別役も姿を見せ、関係者たちに謝辞を述べると共に、冗談を飛ばすことも忘れなかった。

 昨年3月から始まった同フェスティバルには全国19の劇団、劇場が参加。個性の違う劇団、俳優、演出家た…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです