歌舞伎

秀山祭九月大歌舞伎 吉右衛門、幕切れに悲しみ=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昼・夜それぞれに吉右衛門が主軸の演目がある。

 昼が最後の「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」。平家全盛の世に源氏に寄せる本心を隠し、愚かなふりをする一條長成。吉右衛門は正気と狂気の切り替えが鮮やかで、勘解由(かげゆ)(吉之丞)の首をもてあそびながら、幼児のごとく大笑する幕切れに悲しみが表現された。魁春の常盤、菊之助の鬼次郎、梅枝のお京、京妙(きょうたえ)の鳴瀬とそろう。

 夜が序幕の「吉野川」。両花道を用いた吉右衛門の大判事と玉三郎の定高の対面に緊迫感がある。染五郎の久我之助に清潔感とりりしさがあり、菊之助の雛鳥は恋を全うできるうれしさの内に死を迎える姿が娘らしく美しい。吉右衛門は武骨な中に父の情があふれ、入鹿への憎しみが表現され、玉三郎は娘の思いを第一に考える母の愛を見せた。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文638文字)

あわせて読みたい

注目の特集