メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高再編

新設高2020年度開校へ 峡南3校統合 学年定員280人 /山梨

 県教委は13日、峡南地域北部にある峡南高(身延町三沢)、市川高(市川三郷町)、増穂商高(富士川町)の3校を統合・再編した新設校について、現在の市川高の敷地と隣接する町有地を含む場所とし、2020年度に開校する方針を教育委員会に報告した。1学年の定員は約280人で県内最大規模。

 新設校は、生徒が自分で学びたい科目を選べる「単位制」とする。商業科が80人程度、普通科140人程度…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 お年玉付き年賀はがきの当選番号がきょう発表される…

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです