メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就労支援

音楽療法で 障害者向け事業所「ミューズラボ伊勢」 セッションなどで交流、自己表現育成 /三重

小沼さん(左から3人目)と一緒に音楽セッションを楽しむ利用者ら=伊勢市曽祢で

 音楽療法を取り入れている障害者向け就労移行支援事業所「ミューズラボ伊勢」(伊勢市曽祢)で、米国ボストン在住の音楽療法士・小沼愛子さんを交えた音楽セッションがあった。利用者やスタッフら約15人がピアノやキーボードのメロディーに合わせて歌い、音楽を楽しんだ。【小沢由紀】

 事業所は、伊勢市で楽器店と音楽教室を営む「村井楽器」(村井政樹社長)が、音楽を通した社会貢献をしようと7月に開所した。知的・発達障害などを理由に、働きたい気持ちはあるもののうまくいかない人を対象に、パソコン操作、ビジネスマナーなどを指導し、就職につなげる。音楽療法では、自己表現やスムーズなコミュニケーション力を育む。

 元小学校長の南まち子さんが管理責任者を務め、音楽療法士や学習支援スタッフが利用者を支援している。現在の利用者は5人で、各自の状態に合わせた個別プログラムに取り組みながら就職を目指している。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです