メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就労支援

音楽療法で 障害者向け事業所「ミューズラボ伊勢」 セッションなどで交流、自己表現育成 /三重

小沼さん(左から3人目)と一緒に音楽セッションを楽しむ利用者ら=伊勢市曽祢で

 音楽療法を取り入れている障害者向け就労移行支援事業所「ミューズラボ伊勢」(伊勢市曽祢)で、米国ボストン在住の音楽療法士・小沼愛子さんを交えた音楽セッションがあった。利用者やスタッフら約15人がピアノやキーボードのメロディーに合わせて歌い、音楽を楽しんだ。【小沢由紀】

 事業所は、伊勢市で楽器店と音楽教室を営む「村井楽器」(村井政樹社長)が、音楽を通した社会貢献をしようと7月に開所した。知的・発達障害などを理由に、働きたい気持ちはあるもののうまくいかない人を対象に、パソコン操作、ビジネスマナーなどを指導し、就職につなげる。音楽療法では、自己表現やスムーズなコミュニケーション力を育む。

 元小学校長の南まち子さんが管理責任者を務め、音楽療法士や学習支援スタッフが利用者を支援している。現…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです