メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
つなぐ

/19 交通事故死者の3倍もの人たちが 自殺の背景、多い精神疾患 県連絡協で報告 /香川

香川県庁で開かれた県自殺対策連絡協議会=高松市で、玉木達也撮影

 交通事故による死者の約3倍の人が自殺で亡くなっている。

 5日、香川県庁(高松市)で開かれた「県自殺対策連絡協議会」。県障害福祉課など行政の担当者の他、大学や社会福祉法人、認定NPO法人、県警などの関係者ら約20人が出席した。

 県内の自殺の現状として、昨年は交通事故で52人が死亡したが、自殺による死者は156人だったことを県が報告した。厚生労働省の人口動態統計によると、人口10万人当たりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は昨年、香川県は16・1。都道府県別では43位で決して高くない。それでも交通事故の約3倍の人が自ら命を絶つという深刻な事態となっている。

 県内の年代別自殺者の特徴としては、過去5年間をみてみると、男性の30〜60代が多く、女性は男性に比…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです