メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/19 交通事故死者の3倍もの人たちが 自殺の背景、多い精神疾患 県連絡協で報告 /香川

香川県庁で開かれた県自殺対策連絡協議会=高松市で、玉木達也撮影

 交通事故による死者の約3倍の人が自殺で亡くなっている。

 5日、香川県庁(高松市)で開かれた「県自殺対策連絡協議会」。県障害福祉課など行政の担当者の他、大学や社会福祉法人、認定NPO法人、県警などの関係者ら約20人が出席した。

 県内の自殺の現状として、昨年は交通事故で52人が死亡したが、自殺による死者は156人だったことを県が報告した。厚生労働省の人口動態統計によると、人口10万人当たりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は昨年、香川県は16・1。都道府県別では43位で決して高くない。それでも交通事故の約3倍の人が自ら命を絶つという深刻な事態となっている。

 県内の年代別自殺者の特徴としては、過去5年間をみてみると、男性の30〜60代が多く、女性は男性に比べて70代以上の高齢者の割合が高いことが明らかにされた。また、原因・動機は過去2年間では、男女とも健康問題が多いが、男性は女性に比べて経済生活、勤務などの問題を理由とした自殺の割合が高いことも発表された。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです