メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

シリア停戦、疑心 合意継続見通せず

 米国とロシアが合意したシリア全土での一時停戦が12日発効した。両国は内戦の終結に向けた和平交渉につなげたい考えだが、アサド政権と戦う反体制派には不信感が根強い。2月の停戦合意は約3カ月で崩壊、今回も維持される保証はない。

 シリア全土での一時停戦が、米露の合意通り最低1週間継続されるかは極めて不透明だ。アサド政権の打倒を目指す反体制派武装勢力の間には「停戦内容があいまい」「政権側に有利だ」との批判も出ており、順守が保証されたとは言えない。13日の段階では深刻な停戦違反は報告されていないが、散発的な戦闘が続いたとの情報もある。

 「政府軍を強化し、革命軍を包囲する半端な策だ」。2月の停戦には応じた反体制派の有力武装組織「アフラル・シャム」は11日、インターネットでこう非難し、停戦拒否の構えだ。別の反体制派グループも、11日に米国に宛てた書簡で停戦に協力姿勢を見せながらも「過去の停戦失敗を招いた、監視体制や違反に対する制裁が盛り込まれていない」と批判した。いずれの見方の根底にも、今回の停戦はアサド政権に有利だという「不公平…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです