はしか患者

全国で82人に 1週間前より41人増

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年のはしか患者数
今年のはしか患者数

 国立感染症研究所は13日、1月から9月4日までのはしか(麻疹)の報告数が全国で82人になったと発表した。1週間前の発表時より41人増えた。はしかは関西国際空港(大阪府)や兵庫県、千葉県などで患者が集団発生している。内訳は、大阪府26人▽千葉県18人▽東京都11人▽兵庫県10人−−など。20〜30代が約6割を占める。

 予防には、はしかと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)などの接種が有効。1歳と小学校入学前の2回、公費による予防接種が受けられる。ただ大人を中心に接種が1度や未接種で免疫の少ない人もいる。厚生労働省は「ワクチンの全国的な不足は生じない見込みだが、偏在が懸念される」として、自治体や販売業者に適正な対応を求める文書を出した。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文460文字)

あわせて読みたい

注目の特集