メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

吉田「これからもお互いに切磋琢磨」

伊調馨(左)と吉田沙保里=リオデジャネイロのマラカナン競技場で2016年8月21日、小川昌宏撮影

 リオデジャネイロ五輪で4連覇を遂げたレスリング女子の伊調馨(かおり、32)=ALSOK=が、レスリング界では吉田沙保里(33)に続いて国民栄誉賞を授与されることが決まった。

 レスリング界の誇る2人のリーダーに、さらなる期待を寄せる声が相次いだ。

 吉田は「一緒に戦ってきた仲間の受賞をうれしく思います。これからも、お互いに切磋琢磨(せっさたくま)していきましょう」とコメントを寄せた。

 日本の女子レスリング界を引っ張ってきた2人だが、性格は対照的だ。スター性のある吉田に対して、伊調は…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. ORICON NEWS ノンスタ石田、ロンブー亮から引き継ぎ『おかべろ』2代目店長 岡村隆史が全幅の信頼「感覚が合う」

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです