メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オシリス・レックス

小さな天体に行くことに意味がある=はや2科学分析チームの橘省吾・北大准教授が寄稿

オシリス・レックスの打ち上げ2時間前、米フロリダ州のケネディ宇宙センターで試料採取・分析責任者のハロルド・コノリー・ジュニア博士(ローワン大学教授)と筆者=2016年9月8日、橘省吾・北海道大准教授提供

ケネディ宇宙センターで打ち上げ見守り

「米国版はやぶさ」とも呼ばれる米航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機オシリス・レックスが、9日午前(日本時間)に宇宙へ旅立った。世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った日本の探査機「はやぶさ」に続くプロジェクトの一つだ。打ち上げ場所の米フロリダ州のケネディ宇宙センターには、はやぶさの後継機「はやぶさ2」のプロジェクトに参加する研究者、技術者たちも集まり、打ち上げを見守った。なぜ、はやぶさ2のメンバーが駆けつけることになったのか。現地を訪れたはやぶさ2の科学分析チームの一員で、はやぶさ2やオシリス・レックスが持ち帰る試料の分析に当たる橘省吾・北海道大准教授(自然史科学)の寄稿が毎日新聞に届いた。橘さんは8月、小惑星の物質や隕石(いんせき)などを分析する意義についてまとめた著書「星くずたちの記憶−銀河から太陽系への物語」(岩波科学ライブラリー・1296円)を出版している。

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです