メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

マイナス金利拡大検討 国債購入手法は議論 20日から総括的検証

日銀の総括的検証のポイント

 日銀は20、21日の金融政策決定会合で、異次元緩和の「総括的な検証」をまとめる。大量の国債購入やマイナス金利などの緩和策の効果はあったと評価したうえで、今後も2%の物価上昇目標の早期達成に向けてマイナス金利の深掘りを中心に追加緩和を模索する姿勢を示す方向。会合では、マイナス金利の副作用を抑制するために、国債の購入手法の見直しを議論する見通しだ。

 日銀が2013年4月に「異次元緩和」に踏み出してから、約3年半が経過。日銀はこの間、国債の買い入れ量を年50兆円から80兆円に増やしたり、マイナス金利を導入したりするなど強化したものの、今年7月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)はマイナス0・5%と、2%の目標に遠く及ばない。このため、総括的な検証によって政策を総点検することにした。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです